セイアグリー健康卵のページようこそ!

ここは皆様に健康と安全なタマゴをお届けするセイアグリーシステムのページです。正しいタマゴの知識を皆様にお伝えしていきます。

 

健康な親鶏からの贈り物

健康な親鶏と二人三脚でつくる安心・安全なセイアグリー健康卵は創業以来サルモネラ菌の混入を許しません。

  その理由は今流行で言っているHACCPシステムを20年前から実施しているからです。

自然界には約2.000種類のサルモネラ菌がいるといわれ、そのうちの100種類位のものが食中毒の原因菌でないかといわれています。

特に最近問題になっているサルモネラ、インテリティディス(SE)という種類は、親鶏の臓器に居付き、特に卵巣に居付いた場合は、産む卵、産む卵にかなり高い割合で卵の中にサルモネラ菌(SE)が入り、汚染された卵になります。

なお、このサルモネラ菌(SE)の保菌鶏(雄雌どちらかが)が交尾することにより次々に蔓延していきます。有精卵をつくるという養鶏場の場合、SE対策がとられていない場合がほとんどのようです。

一方高度に機械化された大型鶏舎(1棟数万羽から十数万羽収容)も消毒の基本原則である水洗が出来ないため、サルモネラに対する完全な消毒が出来ない危険性を含んでいます。

 

しかしセイアグリーシステムの親鶏の健康は自然から備わった力で維持されています。

親鶏がより安全に健康を保つために農場が15ヶ所に分散しています。

そして一農場毎にオールイン(同じ日令の鶏(120日令)が一度に収容)オールアウト(120日令から15ヶ月間飼育されて一度に淘汰する)を行います。

そして、オールトアウト後鶏が一羽もいなくなった農場を徹底的に水洗、消毒をしてから1ヶ月ゆっくり休ませて次のオールインを行います。

この方法をとることにより、自然の防波堤を作ったこととなり、万が一先の群に病気があった場合でも、次の群にうつされる心配がありません。

セイアグリーシステムの農場は15ヶ月間稼動し、1ヶ月間休むローテーションで安全システムが組まれています。

お問合せ先

連絡先

セイアグリーシステム本社

0766-64-2372

 

メールお問合せ

 

 

菓子工房フェルヴェール

安心・安全・無添加の美味しいお菓子屋さん
安心・安全・無添加の美味しいお菓子屋さん